引き出しっ子

2009年6月25日 (木)

そけいヘルニアって?

先週保健所からの連絡で、11才のチワワの女の子を会で保護する事になりました。

Dsc00850

その飼主は両親と3人暮らしの若い女性。

今住んでいる家を売って明日アパートに引っ越すのでもう飼えない、とのこと。

保健所からの条件で、狂犬病予防注射とワクチン接種&健康診断のため病院へ行った飼主と待ち合い室で合流。

Dsc00853

飼い主さんに抱かれたチワワのももちゃん、可愛いheart02

ところがビックリsign03 問題発生。

両足の間に大きなこぶsign03 これはいったい何sign03

私は思わず「何これ腫瘍?」と叫んでいましたが、

飼い主さん、あわてず落ち着いて「そけいヘルニア」と答えました

・・・知っていてこんな状態で今まで放っておくなんてsweat01wobblysweat02punch

今まで病院に行ったことがないsign01と話していた飼い主さん、

さすがにこれだけは心配だったのでしょう。

飼主は数年前に病院で診断を受け、外科手術が必要だと認識していました。

「しかしももちゃんが痛がらないし、普通に食べて普通に出すし、普通に走るし」

「こぶも今日はこんなに大きいけれど、普通はもっと小さい」

「もちろんお金があれば手術受けさせてたけど、まとまったお金もないし、、、」

と、言い訳のオンパレード。

病院の先生も飼主の態度にあきれて

「このままでは譲渡できないよ、手術しないと」 と言い放ちました。

さあて困ったどうしたらいいの?こんな話聞いてないよ!!

可哀想にこのままじゃ譲渡できないし、

もう夕方6時、このまま一時預かりさん宅へ行く予定だったのに

このまま会で預かれば治療費は、成り行きで会で負担する事になり兼ねない。

しかしもちろんそんな経済的余裕は会にない。

飼主に言いました。

「こんな状態のももちゃんを貰ってくれる人がいると思う?」

「毎月千円でも貯金してれば、手術費用は出来たはずでしょ」

「足りない分は会で出すから、ももちゃんの未来の為にいくらなら出せる?」

・・・都合が悪くなると無反応でだんまり作戦 annoybombpunchimpactangry

「そけいヘルニアの話は聞いてない!この状態では預かれない」

と飼主に突き返せばよかったのかもしれません。

大人しいチワワ1匹くらいアパートで隠れて飼うこと出来たでしょう。

でもいまさら、ここまで来て出来ませんでした。

これが正しいのかどうか判らないまま、仕方なく一時預かりのOさん宅へ。

rvcardashdashdashhouse

いつもワンコの一時預かりをしてくれるOさん、とても愛情深い方です。

去年から数えて、ももちゃんで既に5匹目の預かりっ子です。

Dsc00857

歓迎して出てきた先住犬ヨーキーのビビちゃん、

そして保護犬だったチワワのクリちゃん、ももちゃんとそっくりnotes

仲良くやっていけるかな?

Dsc00858

ももちゃん、なかなか飼い主さんから離れません。

こんな飼主でも、ももちゃんにとっては一番大好きな人。

11年もの間この飼主だけをみつめ信じ、頼って生きてきた。

どんなに心細いことか、どんなに不安だろうことかweep。。。

Dsc00855

ももちゃん、飼主と別れて一週間たった昨日、無事手術がすみました。

もっともっと素晴らしい新しい飼主が見つかることを信じています。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2009年4月17日 (金)

ラッキーその後?

ずーーっと気になってた、あの仔シーズーのぷーちゃん改め「ラッキー」

近所に用事があったので、我慢できずに会って来ました。

平日の午後だったので、まだお若いおばあちゃんが一人で在宅。

庭の方を見ると、きれいに手入れされた庭の奥の軒下

積重なった毛布の寝床のそばにラッキーはいました。。。

Dsc00674

・・・もう孫(小学生の女の子)がよォ、抱いて可愛がってネェ

・・・私は(ラッキーが)おらんならおらんままで良かったっちゃけど

・・・足が弱って散歩やら行く体力ないしね

・・・夜は家の中にいれるとよ、新聞紙におしっこするから

・・・寝るときは私らの布団の中に入って来て寝るっちゃが

・・・孫が、犬が欲しい言うからあちこち探して保健所で貰ってきたとよ

・・・ちょうど(引越しで飼えなくなった)ちゅう犬がおってね

Dsc00671

喜んで飛び跳ねるラッキー、毛は伸び放題

首輪もリードも私が引き渡す時付けていた、105均のそのまま

病院へはやはり行ってないそうです。

・・・「息子達が商売やりよるけど、毎月赤字でねえ」

Dsc00672

やっぱりね・・・・・

この家族には最初から『命ある動物を飼う』という自覚が無かったのです。

ただ、可愛い子供が欲しがるのでラッキーという『おもちゃ』を与えた。

子供の「おもちゃ」なので、いなくなっても困らない、探さない・・・

小学生の子供に命ある犬の躾や管理ができるはずありません。

今はまだ若いから動物病院とは無縁でよくても、数年後病気になったら、この家族はラッキーを病院へ連れて行くのでしょうか?

その先は考えたくない

Dsc00673

世の中にこんな飼い方をされているワンコのなんと多い事か

でもラッキーはまだ幸せな方です、

ウ○チやお○っこなどは無くきれいに掃除されてたからhappy01

それだけが救い、とにかく一応安心しました。

今度ははさみを持って行きたいなhairsalon

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2009年3月14日 (土)

こんなになるまで・・・

雨降りの金曜日の夕方、延岡保健所で小型犬を引き取りました。

《ビフォー》

Dsc00591

Dsc00595

それはひどい、ひどい有様で体中毛玉だらけ。

それが雨にぬれて泥となり毛にこびりついて、中身はどうなってるのか判らない。

Dsc00596

どシロートの私でも切りたくなるほどの毛玉、

これだけ切ってもまだまだですが、お顔周りスッキリしました。

大きくてかわいいお目目はきれいです。

Dsc00597

市内の○物園に迷い込んで、優しい人にゴハンを貰っていたそうです。

こんなになるまで、こんなになるまで、よく頑張ったね。

この寒い真冬に、小さな身体で、どんなに辛かっただろうか、

もう大丈夫だよ。

Dsc00598

プロのお姉さん達が重くて痒かった毛玉をきれいに取ってくれるからね。

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

《アフター》

Dsc00600

Dsc00601

Dsc00602

一時預かりのIさんチでたくさん食べていっぱい可愛がって貰うんだよ。

シーズーの女の子、まだ若いようです。

健康診断を受けて、身体と心のケアをしながら、ゆっくり里親さん探します。

いつもシャンプーカット、協力していただいてます、「RAM&JUA」のお姉さま方ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

譲渡会を前にして

金曜日、日向と延岡でそれぞれ、小型犬を引き出しました。

日向保健所には「家庭の事情で飼えなくなった茶色のダックスの女の子」が持ち込まれたので、スタッフのIさんが引き出しに。

人馴れしているいい子なので、担当の職員さんが里親さんを探したのですが、やはりダメだと言うので、会で譲渡会に出す事にしました。

   diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond

090109_204401

up延岡保健所では「ボロボロの赤いリードを引きずっていた、迷子の白黒のシーズーの男の子」が正月の2日に保護されました。

抑留期間を過ぎ、明日は土日で保健所内は留守となるので門川管理所へrvcardash

が人馴れして可愛がられていた子なので 「飼主が見つかるのでは?」 と言う保健所の判断で、会で引き出すことになり暗くなった6時半、延岡保健所にとんぼ帰りrvcardashするところを迎えに行きました。

翌日、動物病院へ

4.7㌔の3~4才の男の子、便も心臓も異常なしokで、午後シャンプーへ。

夜8時、迎えに行くとすっかりイメチェンflairshine、流行のセレブ犬に変身していました。

090110_200001

しかし毛玉がたくさんあり、3度洗ってもふけが出て、お店のお姉さん達にはずんぶん手間をとらせてしまったようで、本当にありがとうございました。

この変身flairにはお姉さん達の愛と汗と努力とお金がかかってます

090110_203201

ふーん、シーズーの中身ってこうなってるんだね。・・・(シーズー初体験の私)

090110_203801

それにしても首、こんなに細かったなんてsign01、お腹廻りもごつごつしてます。

やはり迷子になった事で?栄養状態が悪かったようです・・・・・

090110_210301

090110_203101

幸せを見つけるために譲渡会に出ます

   diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond

先月門川管理所から引き出した、子犬の仮称「ももちゃん」 里親さん見つかりました

このブログを見て下さった宮崎市の方が 「昔飼っていた仔に似ている」

というので連絡があり、延岡まで会いに来てくださり無事巣立っていきました。

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

幸せ探し

先週、管理所から引き取ったミニチュアダックスの女の子に、早速お見合いの話が来ました。

3ヶ月前にミニチュアダックスをなくし、飼おうかどうしようか迷っているご家族です。

仲介してくれた一時預かりのOさん宅で集合。

Dsc00447

クーちゃんを一目見た里親希望さんは 「アッ目が似てる、そっくりだヮheart02ホラ」

と言って抱きかかえ、中学生のお嬢さんとニコニコ顔。

私達も緊張がほぐれ、しばらく話の輪が広がります。

前の仔をなくした傷もやっと癒えたのでしょうか、お試しで連れて帰ることになりました。

ワンコも人間も幸せになってほしい・・・です。

   diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond

実はこのOさんのお宅には、10月から預かりのチワワのクリちゃんがいます。

すでに2ヶ月以上になりますが、知らない人には牙をむいて威嚇し触らせないので、譲渡会にも連れて行けませんでした。

Dsc00441

しかしOさん家族にはずいぶん慣れて、高校生のお嬢さんが『うちの子にしようheart02』と言ってくれたので、ご主人も正式に里親になる事を決心goodされたそうです。

Dsc00442

しかし、前の飼主とのトラウマがあるクリちゃん

ここまでなるにはOさん、3回も咬まれたそうで sign03wobblythunder

優しいOさん、洋服を着せたり、お風呂に入れたり、肛門絞りなどスキンシップを心がけているのですが、

1回目はひどくて腕全体が腫れ、病院hospitalへ行ったと聞きました annoywobbly

2回目以降は 『免疫が出来たからそうでもなかった』 sign02 とか。。。

何回咬まれても怒ることなく、愛情持って「だめだよ」と教えているそうです。

Dsc00445

おかげで最近はクリちゃん、

牙をむいても 『人に威嚇する事はいけないんだな』 と威嚇しかけても、途中で自分でやめるようになったそうですよ。

お顔の表情もずいぶんと穏やかになりました。

Oさんの愛情のこもった忍耐のたまものだと思います。

Dsc00446

 upwardright・・・・・このかわいいお顔が豹変sign01知らない人には牙をむくんです・・・きゃ~~

Dsc00444

Oさん宅の先住犬ヨーキーの『ビビちゃん』とも仲良く暮らしています。

ビビちゃんとっても良い子ですhappy01、よろしくね。

Dsc00439

★そうそう、Oさん長脚の会議用長机、寄付ありがとうございました

譲渡会では受付用として使わせてもらいます。

書類を書くスペースが狭かったので助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月19日 (金)

その時飼い主さんは泣いた

今日また、門川管理所へ行って来ました。

今日のワンコdog2才のミニチュアダックスの女の子で、元の飼い主さんは女性。

Dsc00428

家庭の事情で飼えなくなり、延岡から自転車bicycleで子供と愛犬を乗せてsign03管理所へ来たそうです。

職員さんが訊ねると、それなりに迷い悩んで思いつめていたのでしょう。

泣きながらcrying手放せばならなくなった、これまでの事情を話したそうです。

そして飼い主さんも、処分ではなくできれば譲渡を望んでいるというので、職員さんからいのちを守る会に連絡telephoneが来ました。

Dsc00431

さて今日は金曜日flair

明日、明後日は管理所は休みになるので、今日中に引き出さなきゃ12月happy02の真冬を何もない管理所で過ごすことになります。

早速午後引き出しに行きましたdash

初めての人でもすぐ慣れて甘えて来る、人が大好きなとても気立てのよい子heart01です。

きっと元の飼い主さんが大切に可愛がっていたんだろうな、というのが判ります。

そして

犬舎の中

昨日いた10頭は1頭を残し、姿を消していました。。。

ここにも『ひまわりの家』があったなら、どんなにいいか

実は昨日は、気になっていたあの子がもういなかった事、10頭もいたこと、しかも中型以上の大きな仔ばかりで、、、

見た瞬間無力感がこみ上げ、気が滅入って写真を撮る気力がありませんでした。

あの子達にはすまない事をしました。

それで今日はやはり撮っておかねばと思い直しました。

Dsc00430

この仔は捕獲犬で若い中型の女の子、一人残され怖いのか足が震えていました。

首輪も首輪の後もありませんが、怪我や汚れなどもありません。

どこからどこをどうやって放浪していたのでしょうか?

早速病院へ行き健康診断ですが、3.5㌔、アバラ骨がごつごつしています。

ノミダニ回虫も問題ありませんが、耳掃除と耳ダニの薬をもらいました。

081219_152201

家へ連れて帰ると、ガツガツと凄い食欲!

Dsc00436

その後は甘えで飛び掛ってきます。

Dsc00434_2

Dsc00435

081219_170101

だっこすると、大人しくじっとして甘え、顔をなめてきます。

無駄吠えも甘え鳴きもありません。

ただいつも人間と一緒に生活していたのでしょう、奥の部屋に閉じ込めると、開けてくれとしばらく、ウロウロしていました。

さて、くーちゃんの里親探しが始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

増えすぎたから。だって!

12月18日、門川の犬管理所へ行って来ました。

子犬 (生後2ヶ月の柴mix、茶色雌) が持ち込まれたのです。

持込の場合プライバシーがあるので詳しい事は聞けません。

しかしどうやら自宅出産で雄と雌が残り、2匹も要らないので雌を持ち込んだらしい。。。

2ヶ月になるまで自宅で育てた小さな命を、 『増えすぎたから』 『要らないから』 と言って安易に管理所に持ち込んだ飼主。

いえ、たぶん、たぶん悩んだのだと思います、そう思いたいです。

そして悩んで、何故こうなったのか、どうすればいいのか、飼主ならば人間ならばしっかりと命について考えて欲しかった。

自宅の飼犬を『不妊・去勢』しておけば、こんなふうに困らなかったし、

子犬を飼えないのであれば、飼主として最後までその命に責任を持って、良い里親さんを探すべきなのです。

この仔は病院で健康診断を受け、合格が出たので即、一時預かりさんの元へ連れて行きました。

預かりのHさん宅に行くと、小学生の女の子供さん達が出てきて子犬を代わる代わる抱き、かわいい、あったかい、と人気の的でした。

このお宅は広い庭もあるのですが、ちゃんと家の中で預かってくれるとの事です。

今回は職員さんからの情報でこの小さな命は助かりました。本当に良かったです。

しかし、

10頭いた成犬は私達にはどうにもできません。

本当はゆみさんがブログに載せていたワンコがまだいる事を祈っていたのですが。

遅かったです、ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

豹変の豹変は?

new10月24日現在、無事去勢手術、済みました。

  11月3日月曜日、宮崎臨海公園で行われる愛犬まつりに、

  レオの名付け親である職員さんと共に参加予定です。

  つぶらな瞳のレオ君に会いたい方、里親希望の方、ぜひお願いします。

10日に管理所より引き取った茶色ワンコの続きscissors

Dsc00260

その日はもう夕方遅かったので、管理所の職員さんが自宅へつれて帰りましたdash

その後、ミケさんに一時預かりさんから、『預かりの覚悟は出来ているから大丈夫』 notesという嬉しい連絡が入り、翌日職員さんの自宅から、一時預かりさん宅houseへお引越し。

これで安心して里親探しが出来ます。

   ・・・・・えぇ~っ、でもあの豹変ぶりtyphoonはどんげなったと?

   ・・・・・いや~それがよ、元のおりこうさんに戻ったげなgood

豹変の原因はsign04runsign04今のところ、猫catらしい。

Pap_0039_3   

ところで名前がつきました、職員さんが前々から考えていたそうで、レオ君です。

しかし、またミケさんのところへ、一時預かりさんより連絡が来ました。

久しぶりの中型犬の散歩で、古傷の膝が悪化し、この先自信がないというのですwobbly

レオの未来に再び暗雲が・・・・・ せっかく檻の中から出られたのにねsweat01

Pap_0035_3

早く里親さん、一時預かりさん、現れますように。

レオが気になる方、興味のある方、ぜひご連絡ください、よろしくお願いします。

Pap_0042_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

門川へ

今日、スタッフのIさんと門川管理所へ行ってきました。

目的は放棄されたチワワと、mixのワンコの引取りですhappy01

「気性が激しくて咬むから」 と飼主が管理所へ連れてきた5才のチワワの女の子。

しかし職員さんが預かって2日目、慣れてきたらそうでもないようなので、会に連絡telephoneがきました。

行くと、ちょこちょこnotesと職員さんの後を追って歩き、大きな瞳で見上げています。

無駄吠えもなく、甘えなきをするくらいで、ただ喧嘩をした時に目を怪我したようで、眼球に傷があります。

Dsc00258

Dsc00259

Dsc00257_2

もう1頭は、みやざきドック愛ランドに載っている茶色の3才の男の子です。

前回訪問した時にもいましたが、飼い主さんの入院でここに連れてこられ、一人でおとなしくしていたので、日曜日の譲渡会に出すため引き出しました。

Dsc00260

さて2匹とも、車に乗せると、次第に豹変eye

ケージに入れたチワワちゃんは、この世のものとは思えないtyphoon声で必死に何かを訴え、今にも噛み付かんばかりです。

体の構造上、パグやこの犬種では仕方ないのでしょうが、首を絞められるような苦しい声で、ケージにいる間中ないていましたthunder

Dsc00261

Dsc00263

やっと一時預かりさん宅へ着くと、ピタリと泣き止み庭を探索footしています。

優しいOさんのご主人、チワワちゃんの目を心配して早速病院へ連れて行くと言ってくれました。

  sign04sign04 sign04sign05sign04 sign04sign04 sign04sign05sign04 sign04sign04 sign04sign05sign04 sign04sign04 sign04sign05sign04 sign04sign04

一方の茶色ワンコ、ミケさんと待ち合わせて動物病院で検査を済ませ、ミケさん紹介の一時預かりさん宅へ引き渡す予定です。

その時間まで、ケージに入れミケさんの車に乗せて、家の中で打ち合わせをしていたのですが、茶色ワンコが豹変sign01 一大事ですsign03

一人車に残したせいか、猫に興奮したのか、ずっと吼えるのです。

そしてとうとうリードを咬み切り、ケージを壊して脱走dashしてしまいましたsweat01

すぐに捕まえることが出来てラッキーでしたが、まさかの事態に皆、顔真っ青。。。

この子の将来の可能性を信じて行動したのですが、これでは皆に迷惑をかけます。

ミケさんも、これでは一時預かりさんに迷惑がかかると、苦しい決断をしました。

このままでは、吼えて近所に迷惑がかかり、おいておく所がないので、仕方なく管理所の職員さんに連絡をとり、引取りに来てもらいました。

管理所では、おとなしく吼えることもなかったのに、職員さんが性格が良いと判断して里親探しのネットにも載せたのに、何という結果でしょうsweat02

久しぶりに管理所から出て、外の世界に出たので、興奮したのでしょうか?

管理所で消えていく命を繋げたいのに、せっかくのチャンスを逃してしまうなんて。。。

譲渡の判定基準は、ワンコと接する時間が多い職員さんでも難しいのですね。

管理所の中だけで、どうすればそのワンコの本性が見抜けるのでしょうか?

また、辛い一日となってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

迷子の迷子の♪

昨日、会へ電話があり、「譲渡できそうな3ヶ月くらいの迷子の子犬がいる」 というので今日、お隣H市の保健所に、ペットシッターをしている会員のミケさんと共に引き出しに行ってきました。

この子は一週間前、H市内の住宅に迷い込んでいるのを住人が通報して、保健所に連れてこられました。

Dsc00188_2 

手続きが済んで、職員さんが子犬を出すと、喜んで飛び回り嬉ションsweat01の始まりです。

人間大好きで性格の良い、職員さんお墨付きのダンボ耳が可愛い女の子happy01です。

Dsc00191

職員さんの話では、大事なのはこの時期から「人間に服従すること」 を教えること

そして「子犬の体のどこを触っても嫌がらないようにしておくこと」

触られての咬みつきを防ぐ為、また病気の早期発見のため為に必要なことだそうです。

Dsc00186

ミケさんの車に乗せ、家に寄ってシャンプーを済ませピッカピカshineshineになってから、動物病院へ行き健康診断です。

Dsc00192

便検査の結果、いましたいましたeye、マンソンという条虫ですsign01

ミケさん、以前仔猫を保護した時に「マンソン」の駆虫にずいぶん苦労されたようでwobbly

でもこの子は注射一本打って終わりgood

もちろん一週間から10日後にもう一度、病院で検査が必要ですが。

次はいつもお世話になっている一時預かりのOさんのお宅へ向かいます。

Oさんご家族にお願いするのは、3度目=3匹目ですが、いつも気持ちよく引き受けてくれます。本当にありがとうございます。

14日の譲渡会に参加しますので、ぜひこの子に会いに来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)