れなちゃん

2008年11月 1日 (土)

10月1日

10月1日という日は私にとって忘れられない悲しい日となりました。

 moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3  moon3

後でわかったのですが、れなちゃんと同じ日、近所の「はなちゃん」という管理所出身のdog柴ワンコが急に亡くなっていたのです。

その子は通り端に繋がれていて、通る人に笑顔振りまいていました。

皆がおやつあげるものだから太って 私もよくあげてましたごめんなさいbleah飼い主さん困ってましたが、そのおじいちゃんも入院され、息子さんが一人面倒を見ていました。

12才でしたがまだまだ元気で、朝起きたら元気がないので、病院へ連れて行ったけどダメだったそうですweep

先日その前とおったら、犬小屋の前にお花tulipが供えてありました。

今までありがとうね、どうぞ安らかに。

081021_092101_2

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

もう1匹、管理所に収容されていた赤い首輪の白茶ワンコ

私達はこの子を引き出して里親を探すつもりでした。

Dsc00236

まさかこの子が亡くなるなんてsign01元気だったのに信じられませんでした。

職員さんが朝出勤したら、ケージの中で亡くなっていたそうです、原因はわかりません。

外傷はないということなので、檻の中という環境がストレスになったのでしょうか。

とても行儀が良くて、必死に手を出して甘えてアピールします。

首輪も新しいし、迷子の可能性も充分ありました。

でも保護する場所がなく、ぐずぐずしている間に命の灯が消えてしまいました。

ごめんね、虹の橋でゆっくり休んでね。

★延岡地区で一時預かりさんを募集しています。

保護した犬・猫は、一般家庭で愛情をもらいながら心と身体の健康を取り戻し、新しい家族を待ちます。

フードやペットシーツ等は会が用意し、里親探しも会で行います。

新しく犬・猫を家族に迎えたい方、一時預かりをやってみたい方、連絡ください。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

れなちゃんの件ではたくさんの方にコメントを頂きました。

重くて辛い話なのに、多くの方にれなちゃんというワンコの悲しすぎる一生を知っていただき、様々な多くの想いを頂きました。ありがとうございました。

Photo

         元気な頃のれなちゃん、ちゃんとゴールデンしてます。07/3

後から聞くと、近所の犬好きのおば様たちも気になってて、何もする事できないけれど「今日はまだ生きているよ」、などと心配しながら情報交換はしていたようです。

その家は貸家で、地区の組にも入っておらず、人付合いをまったくしない方でした。

隣家の方が可哀想にと見かねて、飼い方について意見しても「自分の犬だから、文句言うな」、餌をやろうとしても「自分の犬だ、餌やるな」なので、近所の方も隠れるように遠慮しながら飼主のいない時に餌やったり面倒みていました。

私も、そんな飼主の事を聞いていたので、何かしたい、何かしなきゃと思いながらも、何も行動する事ができず、毎晩マロンの散歩のときにパンとおやつを持って行き、これで許してね、とただ頭をなでるだけでした。

それがあの日の朝、正体の判らない綿のような残骸の敷物の上に横たわり、ハエのたかった白いゴハンのそばで、とてもゴールデンだなんて判らない、骨と皮のぼろ雑巾みたいに横たわっている姿を見た時、取り返しのつかない大きな間違いに気づいたのです。

こんなになるまで気がつかなかったなんて、私がバカだった。。。。。

このような活動をしていながら、近所の子すら助ける事ができなかった無念さ、悔しさ、そして自分の未熟さが一番情けない。

自分がしっかりしていれば助ける事ができたかも、という思いは一生消える事はないと思います。

そして実はミケさんからこのようなサイトの存在を教えてもらいました。

飼主さんの心を溶かすには、一筋縄ではいかないでしょう。

でも根気よく、誠意を持って接触を続けていれば、何とかなったかもしれません。

あくまでも「かも」、それに誠意を持って根気よく「説得」・・・・・私の苦手な分野だしsad

でも行動runしてみる価値はありますよね

それともうひとつ映画tvの話ですが、『ラブいぬベンジー/はじめての冒険』(04年米) という映画を偶然見ました。

アメリカでブリーダーをやっている家族がいて、その悪徳ブリーダーに捨てられたdogベンジーが、無理な出産で病気になった母犬を救うために活躍goodするお話です。

そのブリーダーは、「動物虐待をしている」という近所からの通報eyeにより、動物保護管理局が調査に入ります。

また、地元のラジオ局でそのブリーダーを名指しで告発するレポートがあり、ブリーダー宅に抗議の電話telephoneが殺到、悪徳ブリーダー対応に困るannoy な~んて、シーンもあるんです。

アメリカには、動物保護管理局というのがあるんですね、

アニマルポリスの事でしょうか? 権限もありしっかり機能していてうらやましいhappy01

それにメディア・マスコミの力は侮れませんね。

仲良くしなくっちゃね、ぜひ味方に欲しいです。

10月1日、偶然にも同じ日同じ時に旅立った3匹のワンコ達、虹の橋の向こうで仲良く暮らしてくださいね。shine

   ・・・・・今月の譲渡会は 11月23日 日曜日に行います・・・・・

       T教授が尽力してくださり、11月8~9日に開催される

      九州保健福祉大学の学園祭に、参加することが決まりました。

   写真展、バザー、他イベントを企画しておりますので、気軽にお越しください。

  spade spade spade tulip spade spade spade spade tulip spade spade spade spade tulip spade spade spade

 『ひまわりちゃんの奇跡の母子犬』 のイメージソングがテレビで放映されます。

    ★ 11月11日 火曜日 夜9時~ 

    ★ 日本テレビ の新番組 「誰も知らない泣ける歌」

 宮原彩さんの透き通る歌声が、ゆみさん作詞の現実を感動の涙に誘います。

 延岡近郊でしたら、ワイワイテレビの14チャンネルで見れますのでぜひご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 4日 (土)

娘さんの涙

れなちゃんのブログを読んでくれた、にゃんだろーさんが、情けない私sadに代わって突撃お宅訪問runしてくれました。

えーーっsign03 ピンポンするの、マジsign02 ・・・・・・これ私の本心

万が一飼主とトラブルが起きたら、会った事もないにゃんだろーさんを私がそそのかしていやな思いをさせることになるsweat01

  ごめんなさいねにゃんだろーさん、私はずー体は大きいけど気は小さいのです

でも車がないとのこと、飼主はいないようなので、任せることにしました。

そのにゃんだろーさんの、心優しいレポートはこちらにゃんだろーさんです。

また電話があり、待ち合わせして初めてお会いし、訪問結果を聞きました。

はきはきして礼儀正しい、行動派の若い女性です。

まず、にゃんだろーさんの一番気になっていたこと。

やはりあの日、れなちゃんは亡くなったそううです。

これでやっと安心して寝られると涙ながらに語るにゃんだろーさん。

生きているかもしれないというかすかな希望はなくなりましたが、はっきりしました。

でもどこに眠っているかまでは、わからないままです。

玄関では娘さんが一人出てきて応対してくれて、犬の件だと言うと泣きながら、れなちゃんのことを話してくれたそうです。

私は娘さんには会ったことなかったのですが、この話を聞いてとても安心しました。

あの家にも、れなちゃんの死を泣いて悲しんでくれる家族がいたこと。

それにれなちゃん、12才だったと言う話、初めてでした。

それなら、息子、娘は、小さいとき、れなちゃんと遊んだはず。

れなちゃんにも楽しい、可愛いがられていた幸せな時期があった、のだろうと思います。

今はそう思いたい

れなちゃん、よかったね、○○さんが泣いてくれたよ、

○○さんの気持ちが天国のれなちゃんまで届きますように。

私には中1の姪がいます。

隣に住んでいるのですが、小学生時代、近所の塾の行き帰りにれなちゃんを知ったらしく、可哀想だと言って心配して、時々おやつをやりに通っていました。

その姪と娘さんの名前○○が、漢字までまったく一緒だったのです。

ほんとに偶然ですが、れなちゃんを思う気持ちも一緒だったのですね。

にゃんだろーさんが動いてくれたことで、今回いろんなことがわかりました。

そして娘さんの涙に救われました。

突撃お宅訪問、どうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

最期の肖像

れなちゃんのことを心配してくれた皆様へ

ごめんなさい、助けること出来ませんでした。

悔しいです、悔しい、世の中に、あんな飼主がいるなんて。

片目がつぶれたまま、見世物みたいに一年中、雨の日も寒い真冬も、真夏の暑い日も繋がれっぱなしにされ、飼い殺しにされたれなちゃん。

私がバカだった、れなちゃんがあんなに弱ってるなんて

私が甘かった、飼主があれほどれなちゃんに執着心があるとは。

3日間降り続いた雨が止んだ水曜日の朝、れなちゃんの所へ行くと、痩せこけてしまい犬小屋から出られず、おやつを鼻先へやっても食べません。

土曜日には、名前を呼ぶと犬小屋から出てきてくれたのに。

玄関をピンポンすると、奥さんが出てきました。

こんなに弱っているのに、「ご飯あげても食べないのよ」とゴハンの塊を指差しました。

「れなちゃんを譲って」と言うと、以外にも素直に「どうぞ」という答え。

マロンを連れ一度家に帰り、れなちゃん引越し受け入れの準備をしながら、会員のFさんにも立ち会ってもらおうと思い、迎えに行きました。

そして、れなちゃん宅へ行くと、飼主の主人が、れなちゃんを繋いでいたワイヤーを片付けています。

いやな予感・・・・・近づくと犬小屋に、れなちゃんはいませんでした。

れなちゃんの居所を聞くと、飼主は 「家内が病院へ連れて行った」 の一点張りです。

この家1台しかない車はここにあるのに、それを聞くと、はぐらかして同じ事を言うだけ。

そして、この家の息子をK大学へ送るため、逃げるように行ってしまいました。

私がバカでした。保護は失敗です。

本当はお宅へ伺って、どこの病院へ行ったのか、どんな治療をしたのか、安楽死を選んだのか、れなちゃんの最期がどうなったのか確認せねばなりません。

でも、もうあの家へ行くのは、あんな夫婦を相手にするのは、しんどいのですよ。

想像でものを言ってはいけませんが、お金が無いと言って、2年以上も病院へ連れて行かなかった飼主が、最期の時にお金を使うと思いますか?

念のため、保健所と、門川犬管理所に、犬の持込が無いか、確認の電話をしました。

クリーンセンターにも電話しました。

そして最悪の恐ろしいことを考えてしまいました。

   ・・・・・・もし、あの車の中にれなちゃんがいたとしたら・・・・・

道路パトロールの方にも電話しました。

何故、ここまで執着するのでしょうか?愛情などかけらもないのに。

お金が無ければ、里親を見つけて譲れば済む話。

いったい何故、何の為に、れなちゃんを飼っていたのかわかりません。

道路沿いの人目の付くところに、一年中繋ぎっぱなしにもかかわらず、

「自分の犬だから、文句言うな」 と他人が介入するのを極端に嫌った飼主。

近所の方も「飼主は(れなちゃんが)死ぬのを待っているのよ」と言うほどです。

れなちゃんが何か悪さをしたのでしょうか?

自分のストレスを発散する為?

ではこんな飼主の虐待に遭ってる動物を助けるにはどうすばよいの?

この場合、いっその事、まだ元気なうちに、れなちゃんを誘拐すれば良かった?

でも飼主が、盗難届けを出さないにしても、騒いで、探し回ったかもしれない。

じゃ、保健所に訴えれば、何かしてくれた?

ネットで実名入りで写真を添付して、投書したけど、音沙汰無かった。

保健所の職員さんも食の問題で忙しいし、たかが犬一匹に関わってられないのね。

立派な動物愛護法があっても、使わなければ飾りと同じですよね。

今年の1月、痩せているけどまだ元気でした。

この頃に誘拐?拉致?の決断をしていれば、と悔やまれます。

080115_135301

10月1日、朝7時半、最期の肖像です。

081001_073602_2 

私も愕然としました。私はバカでした。

いつも夜、道路側からしか見てなかったから

こんなになるまで放っておいたとは、ごめんなさいね。

私も、あなたが死ぬのを黙って見ていた一人なのですね。

081001_073601_2

そして、飼主がれなちゃんを片付けた後です。

081001_095601

皆さん、あなたのそばにいるワンコ、ニャンコをどうぞ抱きしめてやってください。

れなちゃんの分まで、抱きしめてあげてください。

そしてれなちゃん、ゆっくりやすらかにお眠りください。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008年9月24日 (水)

れなちゃん

近所に気になる子がいます。

そのゴールデンの女の子は、マロン君と散歩を始めた06年12月、ざくろのように真っ赤になった右目でこちらを見て、笑顔で尻尾を振り私に挨拶してくれました。

右の眼球を怪我したのでしょうか、とても正視できません。

最初見た時、私はそのあまりに痛々しい姿と、そのけなげさ、そして悔しさで思わず涙してしまいました。

どうしてこんな事が起こるの? 

飼主は何考えてるの? 

これは飼い殺しじゃないの?

玄関前の通りから見える所に繋がれっぱなしで、ウ○チもそのままです。

飼主の男性に一度会ったときに聞きました。

「どうして病院に連れて行かないのですか?」

何度も聞きましたが、無視されました。

しかし別の日に偶然息子さんに話を聞くことが出来ました。

「今からバイトに行くところ、いつもおやつをありがとう」

「ウチにはお金がない、親父は働いていないし、僕はまだ学生だから」

そして、2匹いた室内犬も1匹、死んだことが判りました。

そしてここ数日元気がなく、いつものパンとおやつをあげても食欲がないのです。

右目も、木苺がつぶれたようになり、汁も出ています。

ずいぶんと痩せてしまいましたが、病気のせいかどうかはわかりません。

近所の方もみな知ってるはず、、、、、

家族さえも見てみぬフリ、、、、、、

私も見守る事しかできない、、、、、

保健所に言っても、個人の意見は取り上げてくれないし、、、、、

いっその事、飼主に直談判して所有権を放棄してもらおうか、、、、、

散歩と言って連れ出し、病院へ連れて行こうか、、、、、

区長や、民生委員に相談しようか、、、、、

想いばかりが堂々巡りして、情けないけれど私も結局、助けることが出来ないのです。

どうしたらよいのでしょうか、今日は本当につぶやきになってしまいました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)