« あずきの我慢 | トップページ | 再度挑戦 »

2009年7月10日 (金)

みなみちゃん

雨の日曜日に保護された骨折子猫、みなみちゃん

Dsc00946

翌日義妹と動物病院へ、レントゲンを見ていた先生の顔がくもりました。

複雑骨折、それも場所が高度な技術と細心の注意を要する所だそうで

簡単な手術では治らないと聞いて私達はがっくり。

神経も切れている可能性があり、風邪引きさんでお腹に虫もいました。

Dsc00949

その夜義妹がお願いして、部活の父兄数人と部活顧問の先生に集まってもらい

病院での結果と、子猫をどうするのか、できる事を話し合ったそうです。

手術までは無理だとしても、「有志でカンパをしよう」 と顧問の先生が言ってくださり、

その鶴の一声で決まったそうです。

良かった、世知辛いこのご時勢、少数派の意見がなんとか通り、前に進む事ができました。

Dsc00951

果たしていくら集まるのか判りませんが、これは金額の問題ではありません。

子猫の命について考え、自分に何が出来るのか、

自分より弱いものを気に掛けていたわってあげる、何かしてあげたいという気持ち。

とても大事だと思います。

Dsc00954

みなみちゃん、はっきり言って元気です。

とても人馴れしていて、部屋に入るとスタスタと寄って来てスリスリ、

グルグルとのど鳴らしながら、チャーミングなダミ声でギーコロギーコロと甘えます。

毛並みもきれいなので、きっと可愛がられていたはず。

飼主なら手術費用だせるかもしれません。

とにかく、命が繋がってよかった。

Dsc00952_2 

ツバメが巣立ちをすれば、姪の家で引き取るそうですが、寂しいな、、、

|

« あずきの我慢 | トップページ | 再度挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080172/30494237

この記事へのトラックバック一覧です: みなみちゃん:

« あずきの我慢 | トップページ | 再度挑戦 »