« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

そけいヘルニアって?

先週保健所からの連絡で、11才のチワワの女の子を会で保護する事になりました。

Dsc00850

その飼主は両親と3人暮らしの若い女性。

今住んでいる家を売って明日アパートに引っ越すのでもう飼えない、とのこと。

保健所からの条件で、狂犬病予防注射とワクチン接種&健康診断のため病院へ行った飼主と待ち合い室で合流。

Dsc00853

飼い主さんに抱かれたチワワのももちゃん、可愛いheart02

ところがビックリsign03 問題発生。

両足の間に大きなこぶsign03 これはいったい何sign03

私は思わず「何これ腫瘍?」と叫んでいましたが、

飼い主さん、あわてず落ち着いて「そけいヘルニア」と答えました

・・・知っていてこんな状態で今まで放っておくなんてsweat01wobblysweat02punch

今まで病院に行ったことがないsign01と話していた飼い主さん、

さすがにこれだけは心配だったのでしょう。

飼主は数年前に病院で診断を受け、外科手術が必要だと認識していました。

「しかしももちゃんが痛がらないし、普通に食べて普通に出すし、普通に走るし」

「こぶも今日はこんなに大きいけれど、普通はもっと小さい」

「もちろんお金があれば手術受けさせてたけど、まとまったお金もないし、、、」

と、言い訳のオンパレード。

病院の先生も飼主の態度にあきれて

「このままでは譲渡できないよ、手術しないと」 と言い放ちました。

さあて困ったどうしたらいいの?こんな話聞いてないよ!!

可哀想にこのままじゃ譲渡できないし、

もう夕方6時、このまま一時預かりさん宅へ行く予定だったのに

このまま会で預かれば治療費は、成り行きで会で負担する事になり兼ねない。

しかしもちろんそんな経済的余裕は会にない。

飼主に言いました。

「こんな状態のももちゃんを貰ってくれる人がいると思う?」

「毎月千円でも貯金してれば、手術費用は出来たはずでしょ」

「足りない分は会で出すから、ももちゃんの未来の為にいくらなら出せる?」

・・・都合が悪くなると無反応でだんまり作戦 annoybombpunchimpactangry

「そけいヘルニアの話は聞いてない!この状態では預かれない」

と飼主に突き返せばよかったのかもしれません。

大人しいチワワ1匹くらいアパートで隠れて飼うこと出来たでしょう。

でもいまさら、ここまで来て出来ませんでした。

これが正しいのかどうか判らないまま、仕方なく一時預かりのOさん宅へ。

rvcardashdashdashhouse

いつもワンコの一時預かりをしてくれるOさん、とても愛情深い方です。

去年から数えて、ももちゃんで既に5匹目の預かりっ子です。

Dsc00857

歓迎して出てきた先住犬ヨーキーのビビちゃん、

そして保護犬だったチワワのクリちゃん、ももちゃんとそっくりnotes

仲良くやっていけるかな?

Dsc00858

ももちゃん、なかなか飼い主さんから離れません。

こんな飼主でも、ももちゃんにとっては一番大好きな人。

11年もの間この飼主だけをみつめ信じ、頼って生きてきた。

どんなに心細いことか、どんなに不安だろうことかweep。。。

Dsc00855

ももちゃん、飼主と別れて一週間たった昨日、無事手術がすみました。

もっともっと素晴らしい新しい飼主が見つかることを信じています。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2009年6月22日 (月)

幸せのお預け

お天気に恵まれた空梅雨の蒸し暑い日曜日、6月の譲渡会が行われました。

今回も集まりました、子犬ちゃん子猫ちゃん。

本日の幸せ度数は  dog犬 参加 16頭 → 6頭

                 cat猫 参加 40匹 → 1匹

Dsc00882

Dsc00883

Dsc00869

そうです、この時期子猫ちゃんは塊となってやってきます。

特に自宅出産での持ち込みは4件で、17匹。

Dsc00873

Dsc00880

Dsc00874

生まれてから、どうするか考えれば良いと思っているのでしょうか?

可愛い自宅の猫ちゃんの不妊去勢を怠ったばかりに悩みが増えます。

たとえば4匹、仮に運よく4匹とも何とか良い家庭に貰われた、としても、

その4軒のお宅のうち1軒でも不妊去勢を怠れば、

またそこで同じことの繰り返し、不幸な命の連鎖が始まります。

Dsc00870

Dsc00872

Dsc00871_2

そうやって果てしなく、予定外の望まれない命が生まれてきます。

どこかで、いいえ今すぐにこの連鎖はhairsalon断ち切らないといけません。

確かに、せっかくお腹に宿った命をおろすのは忍びないでしょうが、

生まれた命総てを幸せにし、

不幸な命の連鎖を断ち切るhairsalon覚悟は出来ているでしょうか?

Dsc00875

Dsc00876

お腹大きくても病院に連れて行けば、ちゃんと不妊手術してもらえます。

生後6ヵ月で不妊手術しておけば、残りの猫生十数年を何のストレスもなく穏やかに過ごす事ができ、飼主にとってもこのような毎度の里親探しの苦労もなくてすみますし、不幸な命を増やすことがありません。

たった一度の手術で後の十数年、平安な生活が得られるのです。

人間社会で、犬猫がトラブル事なく人間と共存するには、犬猫の数を人間がコントロールする必要があります。

どちらが賢い生き方でしょうか?

Dsc00885

Dsc00884

ところ変わってわんこブース。

コチラでも問題発生annoy

男性が自宅出産の3ヶ月の子犬を5匹連れてきたのですが、皮膚病ですsign03

痒いかゆいと身体中毛が抜けるまで掻いて所々赤くなっています。

飼主は、痒みと痛みに苦しむ子犬を見てなんとも思わないのでしょうかimpact

そんな愛情のない飼い方をしていて、家には親犬が他に4匹いるそうです。

とにかくそんな仔犬達に必要なのはまず治療です。

飼主には治療する意思も経済的余裕もないようで、何を聞いてものらりくらり

この子達の幸せの為に、会にとっては経済的にも人的余裕もない非常に辛い決断ではありますが、五つの小さな命の未来は総て会でみることとなりました。

願うのはその飼主が心を改める事、ただそれだけ。

Dsc00867

Dsc00889_2

Dsc00890

Dsc00879

Dsc00881

今回は私も「ふじこちゃん」と「茶ー君、黒ちゃん」、引き連れての参加です。

突然ですが、感動のsign02母子対面heart02 down

Dsc00888

down保健所で別れ別れになったふじこちゃんと2匹の子供達

 2人とも幸せ見つけて、そのウチの1匹がお宅のお嬢さんと遊びに来てくれました。

Dsc00886

耳たれで足が長く母親にそっくりhappy01

母子だと判ったのかどうか、このじゃれようnotes、良かったねheart04

Dsc00878

Dsc00887

残念ながら、「ふじこちゃん」「茶ー君、黒ちゃん」 共に出直しです。

Dsc00891

up 手作りのペーパーバックをこんなにたくさん作って持って来てくれた方がいました。

なんと材料は新聞ですshinenewスペーパー good 

マチがあって持ち手部分も丈夫に出来ており、バザー商品を入れるのにも便利。

○化成○ビリティのY様ご夫妻どうもありがとうございました。

clovercloverclover

スタッフ、ボランティアの皆さん、どうもお疲れ様でした。

私も汗が吹き出るわ、心もガクッと来るわ、で一気に疲れた一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2009年6月17日 (水)

マロンと散歩

マロン君のおかげで、毎日ブラブラとワンニャンの友達探しに励んでおります。

こんなお友達がheart04

前を通るとブロック塀越にいつも待っててくれる大人しいわんちゃん。

090212_073801

こんなお友達もsign01

高台の駐車場の一角に小屋が・・・

覗いてみるとニワトリさ~んchick

何故にこんな吹きっさらしの所に一人ぽっちで置き去りにsign02

090212_073802

090118_090501

こんなお友達もsweat01

通りから見えるところに5才の柴系小柄な雌のわんちゃん。

近づくとワイヤーで繋がれた砂利敷きのそこらじゅうにいつもウ○チがありましたweep

このお宅は軽自動車が4台あり、時々デイサービスの車が送迎に来ています。

たぶん、おじいちゃんかおばあちゃんには可愛がられていたのでしょう。

でも体調が悪くなり、家を改築して子供達が同居するようになり、ワンコはお荷物になりまったく相手にされなくなったのでは?

ついついおやつをやりに立ち寄るようになり、ウ○チを片付けたりしました。

ある朝、左の白い小屋の中を覗くといつの日の雨水でしょうか、降り込んで排水できずにたまった水溜りが。

小心者の私ですがいたたまれず、たまたま出てきた家人に聞いてしまいました。

その女性は小屋に水がたまっていたのを知りませんでした。

私の聞き方が悪かったのか、その若い女性は気分を害されたようで。。。

でも翌日前を通ると雨が降り込まないように屋根が付けられ、何故か柵が出来て行動範囲が狭くなっていました。

これで毎日散歩に連れて行ってくれていれば良いのですが、

この子のこんな姿を見るのが辛くてcrying、この道は避けてしまう弱虫なチワマーです。

090521_083701 090521_083702

flairflairflair

そんな中近所に、散歩コースで稲荷山というのがあります。

090524_080302

ここは○瀬病院の裏山fujiにあって、地区の方の努力で登り口mapleや斜面を利用していろんなbud季節を彩る樹木が植えられcherryblossom、よく手入れされています。

また手作りのベンチや手すりなどあり、地区民の憩いの場になっています。

090524_080601

上り坂できついので体力のある時しか行きませんがcoldsweats01

夏の暑いときには木陰が涼しくclover見晴らしも良いしfuji、厳かな気分になるのでとっておきのコースです。

090524_080701

どうぞ、不幸な子が1匹でも減りますように

思わずつぶやいていました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

兄妹の力

6月1日に帰ってきた子猫たち、今2匹で元気に走り回ってます。

兄妹2匹が虹の橋をわたり、かけてしまいましたが、

その子達の分まで生命力を貰って順調に成長しています。

Dsc00841

預かった時から一番小さくて心配してた黒ちゃん女の子、マイペースです。

抱っこしても嫌がって降りたがり、人間に媚びません、独立独歩good

Dsc00839

590gの黒ちゃんが750gの茶ー君のしっぽで遊んだり

タックルしたり追いかけたり果敢に向かっていきます。

Dsc00842

一方大きい方の茶ー君は甘えんぼな男の子、

遊び疲れると私の手の平paperをせがみ、指の腹を吸っていつまでも夢心地です。

Dsc00833

この時期は何でもおもちゃになります。

これは私のパジャマの緩んだゴムひもsign04sign05sign04、捨てずに正解coldsweats01

Dsc00834

黒ちゃんは茶ー君のしっぽの方がいいのか、ずっと狙ってます。

兄妹っていいですね、遊びながら確実に成長しています。

Dsc00836

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月13日 (土)

ふじこの試練

預かって3週間過ぎたふじこちゃん、毛並みもきれいになり、

当時ガリガリで7㌔だった体重も、9.7㌔のムチムチボンキュッhappy01体型になりました。

Dsc00845

しかし疥癬の痒い痒いポリポリがなかなか治まりません。

ので先生に極めつけの注射をまたお願いしました。

最近のふじこちゃん、毎日散歩footにも行くようになり

その時間が待ちどうしいのか、じゃれて催促するようになりました。

Dsc00846

散歩は朝私が、夕方は弟が1時間run、行ってくれます。

が相変わらず、ウ○チお○しっこは外で出すのがもったいないらしいcoldsweats01

downこのスリッパはストレスの証拠品、第1号goodannoy

Dsc00843

そして、まだ見ぬ新しい飼い主さんの元へ行く為に、昨日不妊手術済ませました。

今朝迎えに行きましたが、さすがにしおらしく大人しくしています。

Dsc00847

なんとも痛々しいですが

もう二度とおっぱい吸われなくて良いように

自分だけの幸せを探すための再出発です。

ふじこちゃんは里親募集中です。

次回譲渡会6月21日、日曜日に参加します。

11時~13時、延岡市警察署跡地南側街区公園にて行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

餌やりの果てに

相談の電話がありました。

その女性は、電話からでも「相当困っていて思いつめている」と言うのが判りました。

一緒だった父親がなくなり一人暮らしで、今度は自分も手術せねばならなくなり、

山の中の一軒家なので、安全上からも家を引き払おうと思っている。

しかし、今までえさやってた野良猫が増えて、成猫20匹に子猫がいる。

その子たちを置いてはいけないので、処分しようと思うが捕まらない。

と涙声でいいます。

「捕獲器貸しますから、捕まえて譲渡あるいは、不妊去勢しては?」

と私達の会の主旨とお手伝いできる事を話しましたが、

殆どがえさ食べに来るだけの子達で、譲渡できそうもない。

不妊去勢といってもそんな余裕ないし、手術したとしても

周りに民家などないので餌やり止めたら、野生では生きていけないだろう。

ついては自分がこんな状態にしてしまったのだから、捕まえて安楽死させて自分がずっと弔ってやりたいとまで言います。

・・・安楽死?いったい何のために今まで餌やってたの?、その手で殺すため?

いまさら本人に言っても遅いですが

安易な餌やりがこんな結果を生み、本人も自分なりに責任を取ろうとして悩み苦しんでいます。

他にどんな方法があるのか、地元の獣医師や保健所によく相談するように言って電話を切りました。

この野良猫さんたちに生きる権利はないのでしょうか?

この野良猫さんたちは死ななければいけないのでしょうか?

どうしたらよいのでしょうか?

どうすべきなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月 6日 (土)

命の架け橋「ひまわりの家」

先月延岡から「ひまわりの家」へ行った、秋田子犬

090522_174801

「ひまわりの家」 『カンペイ』 という可愛らしい名前をもらいました。

まだ3ヶ月の男の子、命の期限があります。

県の衛生管理課のご好意で「命のカウントダウン」は今停止しているそうですが、基本的に1ヶ月しか猶予がありません。

どうか「秋田犬」の飼育経験のある方、理解のある方、よろしくおねがいします。

flairflairflair

ところで「ひまわりの家」ではいま緊急事態が続いています。

犬パルボウィルス感染症と言う、簡単には死なない強力なウイルスによる感染症の発生です。

偶然、たまたま管理所に居合わせた健康な子達まで全頭処分せねばならない程の怖い感染症。

反対に管理所から譲渡可能と言う希望を持って「ひまわりの家」に来た幸運な子達。

せめてこの子達だけでも助かって欲しい。

この子達を助けるため、「ひまわりの家」を一刻も早く再開するため、スタッフさん、ボランティアさんたちの必死の努力が続いています。

この危機を乗り切るためにどうぞ、「ひまわりの家」にご協力お願いします。

            Bana8b

しかしこのパルボ、毎年きちんとワクチンを打っていれば、防げる病気です。

飼主さんがワクチンさえ打ってあげていれば、怖くありません。

特に子犬を飼い始める時は、必ず病院に行き獣医師さんに相談してください。

どこで、いつ発生するか判らない

自分の愛犬だけでなく、周囲の他の犬にも感染させてしまう怖い感染症

ぜひ、あなたの愛犬も毎年獣医師さんの所で、ワクチン接取をお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009年6月 4日 (木)

ふじこのフラフラ散歩

ふじこちゃーん、散歩ですよ~

ふじこちゃんの隔離部屋は2階の一番奥なので、途中ふけが落ちないように一応抱っこして玄関へ。

Dsc00827

嬉しくってフラフラ、落ち着きません。

こっちだよ、ふじこ~

Dsc00818

さっ、ふじこ、どこへ行こうか?

丁寧に臭いを分析するので、時間がかかります。

Dsc00824

お花に見とれたのかな?それともいい香りがする?

Dsc00823_2

それにしてもお散歩で、まだウ○チお○っこしません。

お散歩の習慣がなかったのかな。

ふじこちゃんは里親募集中です。

終生、可愛がってくれる優しい方、会いに来てください。

次回譲渡会は6月21日日曜日です。

  clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

延岡市のS様、H様、O様、寄付をありがとうございました。

これらの貴重な寄付金は、保護した犬猫のフードや医療費に大切に使わせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月 3日 (水)

野良で生まれるということ

6月1日月曜日、再び帰ってきました、あの子達

Dsc00737

ふじこちゃんと入れ替わりに、2週間前お別れしたのですが

5月3日我が家に来たときから何故か目やにがひどかったおチビちゃん4兄妹。

とは言え我が家では順調に成長していた4兄妹、それが。

ずっと体調が悪く病院通いでスタッフさん達を心配させた、と聞いていましたが。。。

5月の終わりにあの可愛い白ミケちゃんが天国に召されたそうです。

そして帰ってきた3匹、食べないので動物病院で点滴を受けた帰りだそうで。

猫缶を離乳食にしてあげると、むしゃむしゃ食べて走り回っています。

Dsc00832

しかし、何故か一番体格のいい白茶が食べてくれません。

そして動きもおかしい、足が弱く動きが緩慢。

何をあげても見向きもせず、口をこじ開けて少しずつ塗り入れても二口目までは食べても三口目から出します、そしてしばらくして吐きます。

シリンジで砂糖水を流し込んでも吐きます。

Dsc00828

だんだん小さくなっていくばかりの白茶・・・

また病院で点滴をしたほうが良いのでしょうか?

Dsc00829

点滴したら元気になるのでしょうか?

6月3日、白茶は静かに息を引き取りました。

Dsc00830

安らかな寝顔でした。

生を受けたこの1ヶ月程の間、少しは楽しかったでしょうか?

だったら良いのですが、虹の橋で兄妹達の幸せ祈ってくださいね。

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

この子達は、母猫が民家に入り込み屋根裏で産んだ子供達です。

だから、少なくとも母猫は野良さん・・・

もしこの母猫がなにか病気を持っていれば、当然母子感染が考えられます。

また母猫の飼育放棄等で母乳がもらえない場合、子猫には免疫がありません。

今は病院で検査しても虫もいないし、どこも異常無しなので原因はわかりません。

生まれたこの子達に罪はありませんし、母猫も自然の本能に従っただけです。

野良猫が増えて困るのなら、人間がコントロールするべきです。

「子猫が可愛いから餌をやる」 前に、

「捨て猫が可哀相だから誰か保護して」 と言う前に、

「餌あげてた野良さんのお腹が大きいみたい」 と言う前に、

野良さんを見かけたら、特にお腹の大きい野良さん見かけたら、

生まれる前に捕獲して、すぐに不妊去勢手術してあげてください。

お腹が大きくても手術は出来ます。

翌日には身軽になって帰れますし、生涯妊娠することはないので、子猫の里親探しをする苦労もありません。

捨てられた野良の子猫を見かけて心を痛めるより、お腹の大きい野良さんをみつけたら不妊手術してあげてください。

これ以上不幸な命を生み出さない為に。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »