« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

幸せ探し

先週、管理所から引き取ったミニチュアダックスの女の子に、早速お見合いの話が来ました。

3ヶ月前にミニチュアダックスをなくし、飼おうかどうしようか迷っているご家族です。

仲介してくれた一時預かりのOさん宅で集合。

Dsc00447

クーちゃんを一目見た里親希望さんは 「アッ目が似てる、そっくりだヮheart02ホラ」

と言って抱きかかえ、中学生のお嬢さんとニコニコ顔。

私達も緊張がほぐれ、しばらく話の輪が広がります。

前の仔をなくした傷もやっと癒えたのでしょうか、お試しで連れて帰ることになりました。

ワンコも人間も幸せになってほしい・・・です。

   diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond

実はこのOさんのお宅には、10月から預かりのチワワのクリちゃんがいます。

すでに2ヶ月以上になりますが、知らない人には牙をむいて威嚇し触らせないので、譲渡会にも連れて行けませんでした。

Dsc00441

しかしOさん家族にはずいぶん慣れて、高校生のお嬢さんが『うちの子にしようheart02』と言ってくれたので、ご主人も正式に里親になる事を決心goodされたそうです。

Dsc00442

しかし、前の飼主とのトラウマがあるクリちゃん

ここまでなるにはOさん、3回も咬まれたそうで sign03wobblythunder

優しいOさん、洋服を着せたり、お風呂に入れたり、肛門絞りなどスキンシップを心がけているのですが、

1回目はひどくて腕全体が腫れ、病院hospitalへ行ったと聞きました annoywobbly

2回目以降は 『免疫が出来たからそうでもなかった』 sign02 とか。。。

何回咬まれても怒ることなく、愛情持って「だめだよ」と教えているそうです。

Dsc00445

おかげで最近はクリちゃん、

牙をむいても 『人に威嚇する事はいけないんだな』 と威嚇しかけても、途中で自分でやめるようになったそうですよ。

お顔の表情もずいぶんと穏やかになりました。

Oさんの愛情のこもった忍耐のたまものだと思います。

Dsc00446

 upwardright・・・・・このかわいいお顔が豹変sign01知らない人には牙をむくんです・・・きゃ~~

Dsc00444

Oさん宅の先住犬ヨーキーの『ビビちゃん』とも仲良く暮らしています。

ビビちゃんとっても良い子ですhappy01、よろしくね。

Dsc00439

★そうそう、Oさん長脚の会議用長机、寄付ありがとうございました

譲渡会では受付用として使わせてもらいます。

書類を書くスペースが狭かったので助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月19日 (金)

その時飼い主さんは泣いた

今日また、門川管理所へ行って来ました。

今日のワンコdog2才のミニチュアダックスの女の子で、元の飼い主さんは女性。

Dsc00428

家庭の事情で飼えなくなり、延岡から自転車bicycleで子供と愛犬を乗せてsign03管理所へ来たそうです。

職員さんが訊ねると、それなりに迷い悩んで思いつめていたのでしょう。

泣きながらcrying手放せばならなくなった、これまでの事情を話したそうです。

そして飼い主さんも、処分ではなくできれば譲渡を望んでいるというので、職員さんからいのちを守る会に連絡telephoneが来ました。

Dsc00431

さて今日は金曜日flair

明日、明後日は管理所は休みになるので、今日中に引き出さなきゃ12月happy02の真冬を何もない管理所で過ごすことになります。

早速午後引き出しに行きましたdash

初めての人でもすぐ慣れて甘えて来る、人が大好きなとても気立てのよい子heart01です。

きっと元の飼い主さんが大切に可愛がっていたんだろうな、というのが判ります。

そして

犬舎の中

昨日いた10頭は1頭を残し、姿を消していました。。。

ここにも『ひまわりの家』があったなら、どんなにいいか

実は昨日は、気になっていたあの子がもういなかった事、10頭もいたこと、しかも中型以上の大きな仔ばかりで、、、

見た瞬間無力感がこみ上げ、気が滅入って写真を撮る気力がありませんでした。

あの子達にはすまない事をしました。

それで今日はやはり撮っておかねばと思い直しました。

Dsc00430

この仔は捕獲犬で若い中型の女の子、一人残され怖いのか足が震えていました。

首輪も首輪の後もありませんが、怪我や汚れなどもありません。

どこからどこをどうやって放浪していたのでしょうか?

早速病院へ行き健康診断ですが、3.5㌔、アバラ骨がごつごつしています。

ノミダニ回虫も問題ありませんが、耳掃除と耳ダニの薬をもらいました。

081219_152201

家へ連れて帰ると、ガツガツと凄い食欲!

Dsc00436

その後は甘えで飛び掛ってきます。

Dsc00434_2

Dsc00435

081219_170101

だっこすると、大人しくじっとして甘え、顔をなめてきます。

無駄吠えも甘え鳴きもありません。

ただいつも人間と一緒に生活していたのでしょう、奥の部屋に閉じ込めると、開けてくれとしばらく、ウロウロしていました。

さて、くーちゃんの里親探しが始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

増えすぎたから。だって!

12月18日、門川の犬管理所へ行って来ました。

子犬 (生後2ヶ月の柴mix、茶色雌) が持ち込まれたのです。

持込の場合プライバシーがあるので詳しい事は聞けません。

しかしどうやら自宅出産で雄と雌が残り、2匹も要らないので雌を持ち込んだらしい。。。

2ヶ月になるまで自宅で育てた小さな命を、 『増えすぎたから』 『要らないから』 と言って安易に管理所に持ち込んだ飼主。

いえ、たぶん、たぶん悩んだのだと思います、そう思いたいです。

そして悩んで、何故こうなったのか、どうすればいいのか、飼主ならば人間ならばしっかりと命について考えて欲しかった。

自宅の飼犬を『不妊・去勢』しておけば、こんなふうに困らなかったし、

子犬を飼えないのであれば、飼主として最後までその命に責任を持って、良い里親さんを探すべきなのです。

この仔は病院で健康診断を受け、合格が出たので即、一時預かりさんの元へ連れて行きました。

預かりのHさん宅に行くと、小学生の女の子供さん達が出てきて子犬を代わる代わる抱き、かわいい、あったかい、と人気の的でした。

このお宅は広い庭もあるのですが、ちゃんと家の中で預かってくれるとの事です。

今回は職員さんからの情報でこの小さな命は助かりました。本当に良かったです。

しかし、

10頭いた成犬は私達にはどうにもできません。

本当はゆみさんがブログに載せていたワンコがまだいる事を祈っていたのですが。

遅かったです、ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

しゃしゃ写真が~

ごめんなさーいsweat01、写真が消えましたannoycrying

やり方が悪いのかデータを取り込んだ後、何故か自動的にデジカメのデータを消去してしまうのです。

おまけに今回はそのPCに取り込んだデータを処理する過程でフリーズしてしまいました。

thunder(。>0<。)annoysign04typhoondash( ̄Д ̄;;impact

そこで心に響く写真がとっても上手なピコさんのところでご覧ください。

気を取り直して・・・・・

今度の譲渡会では、お客様が三組いらっしゃいました。~(アッだから忙しかったのかrun

ボランティアNさんの紹介で、『宮崎日日新聞社』、さん

そして、九保祭のイベントにも来て頂いた、『パワナビ』、さん

お2人とも若い男性で、北風吹き荒れる中最後の解散挨拶までご一緒してくださり、

延岡における飼主のいない動物達の現状について、取材してくださいました。

それから先日の市議会で「動物保護」について質問してくれた市議の大金議員』

おかげで・・・延岡市広報に、毎月の譲渡会開催の案内を掲載する・・・

という返事を延岡市側からいただきました、どうもありがとうございました。

少しずつですが、確実に前に進んでいます。

BBBB地方で見かけた言葉 「一人の百歩より百人の一歩」

一人で目いっぱい頑張るよりも、より多くの人を巻き込むこと。

人と人とのつながりで一人でも多くの方に知ってもらう事、理解してもらう事。

そうすればその中から協力してくれる方も出てくる事でしょう。

そうやって広がっていくのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

終わり良ければ総て良し?

12月14日、今年最後の譲渡会が、北風吹き抜ける中開催されました。

昨日までの雨も上がってくれて晴れ間も見えます。

今日も始まる前から、仔猫を抱えた方や、家族連れが来ていました。

少しは、この活動が市民に浸透してきたのでしょうかhappy01

★今日の幸せ度数は dog 参加数 4頭 → 譲渡数 4頭

              cat 参加数 15匹 → 譲渡数 9匹

今日も猫ちゃん、続々来ます。

Dsc00421

受付票を見ると多いのは 『自宅の庭で野良猫が子供を産んだ』というもの。

保護主さんにミスはないのに、災難=面倒が向こうからやって来たというケースです。

小さな命を放っておけない優しい方達だから、こうして時間を作ってこの譲渡会に来てくれたのだと思います、ありがとうございますhappy01

Dsc00424

この優しい気持ちに報いる事ができればいいのですが、特に夏の暑い時期などは譲渡率が悪くて、肩を落とされて帰る保護主さんが多くすまない気持ちでいっぱいですdespair

『ここで決まらなければ、仕方がないから家で飼う』 という方もいますが、物理的に無理な方が多く、譲渡会以外に里親を探す方法を一緒に考えお手伝いするだけしか出来ないことが歯がゆいですsweat01

Dsc00420

猫ケージの周りは 『どの仔にしようか』と悩める里親希望の方々でいっぱいnote

可愛い仔猫を抱いたり、保護主さんや猫担当のスタッフにいろいろ聞いてます。

そして快調に里親さんが決まっていきます。

Dsc00423

そして我家預かりの九ちゃん、メーちゃんにも新しい家houseが見つかりました。

結局そのご主人は、仔猫を4匹も選んでもらってくれましたsign01

喜びたいのですが、そこのご主人は実は犬猫を多頭飼いしています。

とにかく犬猫が大好きで、家houseも広く、敷地xmasもあり、お金moneybagにも困らない。。。

一見、何の問題もないように思えます。

Dsc00422

しかし会のメンバー皆で一度お宅houseを訪問した事があるのですが、

その犬猫の数が個人で管理できる数ではなかったのですよbearing

だから私達は、もしもの場合を心配するのです。

dogや猫catは生きています、20年長生きする子もいます。

『犬猫大好きな方だから』それだけを信じたいですflair

ワンコの一番人気子犬は、今日は2匹だけ。

子犬が来るのを待っている方がいて、2匹とも開始早々里親さんが決まり、新しい家族と共に帰っていきました。

それに引き替え、成犬はなかなか振り向いてもらえません。

Dsc00419

それでも今日は10才のチワワmixベロちゃんにご夫婦が会いに来てくれました。

自宅にチワワちゃんがいるそうで、2匹目としてもらってくれる事になりました。

今日参加のワンコ、最後の1匹となったさくらちゃんにも幸せがやってきました。

7月から迷子になり、仮の宿を転々としたさすらいのさくら

Dsc00427

遠いところから親子三代で、一緒に暮らすワンコを探しに来た小学生の女の子。

公園の中を一緒に散歩して迷っていましたが、撤収作業が進む中決心してくれました。

ありがとう、さくらをいつまでもヨロシクね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

活躍します、3段ケージ

申し訳ありません。ブログの方サボっていましたcoldsweats01

その間にも、cat仔猫達は育ち、九ちゃん1.6㌔、メーちゃん1.8㌔。

ふたりとも、里親募集中ですsign03

運動量も増えて頼もしい限りですrun

そうなるといよいよ、ワンコのサークルでは間に合いません。

Dsc00409

そこで登場したのが、会で買ってもらった3段ケージnote

全部組み立てると、見上げる高さです。

部屋が片付いて、ひろびろすっきりしました。

Dsc00414

実は先日、スタッフSさんが、庭にゴハンを食べに来る仔達を保護するために3段ケージを購入したので、私も運搬と組み立てをお手伝いに行ってきたのでした。

という訳で、組立て手順は予習済み、一人でも簡単でしたsign01

というより、とてもよく考えられたうまく出来ている商品です。

Dsc00411

Dsc00413

Dsc00412

九ちゃんは、ふわふわのペルシャ系。

すぐ膝や肩にのってきて、抱かれるとじっとして人間に甘える性格の可愛い女の子です。

メーちゃんは、真っ黒の毛並みの元気な女の子、遊びが大好きです。

梱包用に使ってたひも、いいおもちゃになってます。

2人とも、里親募集中ですsign01

Dsc00415

Dsc00417

Dsc00418

Dsc00416

Dsc00417_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

さすらいのさくらに幸あれ♪

10月に迷子犬で保護した 「さくら」ちゃん、10月、11月と譲渡会に参加したのですが、優しい里親さんに出会えません。

さくらちゃんは、里親募集中ですsign03

その間預かってくれる方がおらず、やっと引き受ける方がみつかっても、「吼えて近所に迷惑がかかる・・・」等、なかなか落ち着いて生活できる状態ではありませんでした。

そして12月10日朝、スタッフのIさんから電話telephone

さすらいのさくら、とうとう行き場がなくなって我が家にやってきましたdash

さくらにとって5番目の仮の宿house

081210_110701_2

up自然児のマロン君が怖いのか、出して欲しいのか、フェンスにへばりついてるさくらちゃん

081210_111102

upとりあえず、腹ごしらえ、、、っと、これで落ち着くかなnote

Dsc00406

我が家にもdogマロン君がいて野放し状態なので、どんな反応を示すのかimpact、どんな性格が出るのかlovelyわかりません。

Dsc00407

かつてきなこを預かった時、私の管理が悪く足の悪い父にいやな思いをさせてしまった事があり、ワンコの預かりに自信がありませんでした。

でももう八方ふさがり、断れませんrock

Dsc00408

人が大好きで、すぐ飛びつく癖はありますが、フレンドリーで犬小屋の毛布を引っ張り出して遊んだり、ぬいぐるみの綿を引き抜いたり、まだまだ遊びたい盛りですrun

不妊手術も済んでいるので、安心です。

吼えるという事でしたが、我が家では無駄吠えも甘え鳴きもありません。

あくまで、『今のところ』 ですが。

さくらちゃんは里親募集中ですsign01

一日も早く、安心できるお家を見つけてあげたいです。

優しいお父さんお母さんを募集しています。

14日、今度の譲渡会に参加しますので、ぜひ会いに来てください。

さくらちゃんに興味のある方、ぜひお知らせください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »